Google Analytics 自己アクセス除外方法

サイトへのアクセス解析にGoogle Analyticsを使う際、自分でサイトのレイアウト等を確認するために行ったアクセスがGoogle Analyticsにカウントされていては、特にアクセス数が少ないページの場合は分析の邪魔ですよね。

そこで今回は、自分からのアクセスをカウントから除外する方法をご紹介。

一般的に家庭用のインターネット回線をプロバイダと契約している場合は、固定IPアドレスではなく変動IPアドレスの場合が多いです。

(簡単に言いますと、IPアドレスとはインターネットの世界で自分のサイトを特定する住所のようなもの。しかしこの住所がどんどん変わっていってしまうのが変動IPアドレス)

そこで、Google Chromeのアドオンで対応する方法をご紹介いたします。この方法なら、IPアドレスが変わっても問題なく自己アクセスを除外できます。

まずは以下のURLにアクセス

Google アナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロード ページ

すると、次のような画面になります。

「Google アナリティクスオプトアウトアドオンをダウンロード」ボタンをクリック。

さらに「CHROMEに追加」ボタンをクリック。これでアドオンは追加されます。

自己アクセスについての設定を確認するためには、ブラウザの右上に追加されたアイコンから、「拡張機能を管理」をクリックします。

先頭の、「Google Analytics の JavaScript (ga.js) と連携して Google Analytics に情報が送信されないようにします。」の項目がオンになっていることを確認します。

 

以上で自己アクセスが除外されます。

ただし、これはあくまでGoogle Chromeブラウザへからのアクセスを除外するだけですので、もし別のブラウザからアクセスした場合や、別の端末からのアクセスは除外されませんので、注意が必要です。

コメント