【Wixの使い方】ネットショップアプリ人気順上位3つを徹底比較!

アプリ

簡単にオシャレなホームページを作れる「Wix」でネットショップを開設する際に必要となる、ネットショップアプリをデザイン・機能・価格の面で徹底比較します。

※Wixではホームページの様々な機能をアプリとして追加できる仕組みになっています。無料で追加できるアプリが多い中、ネットショップのアプリは有料オプションが多いため、実際の運用を想定して費用対効果を考える必要があります。

 

Wixストア

デザイン・機能

購入画面

↓商品画像をクリックすると、マウスを動かしながら拡大表示できるので、商品の質感などを見てもらうのに便利。

↓ショッピングカートに進んだ画面

 

管理画面

↓商品一覧画面。画像では「在庫あり」としか表示していませんが、在庫の数量を初期設定すると在庫数量が表示されます。しかも販売された分を自動計算してくれるので、在庫管理がとても便利になります。

↓商品画像の追加画面。

↓商品情報設定画面。セールとして値引き設定をすることで、元値段と値引き後値段を表示できる。

↓決済方法設定画面。クレジットカード・PayPalが使えるのでオンライン決済ができる。

↓配送料設定画面。重量制や購入額制などの設定もできる。

↓注文確認・発送確認メール設定画面。そのほかにも様々な設定ができる。

 

価格

「Wixストア」はWix開発チームが制作しているアプリなので、利用するためにはWix料金プランのうちの「eコマース」コース月額1,641円(2018/8/19時点)が必要になります。

 

ネットショップ(Ecwid)

デザイン・機能

購入画面

↓同一商品のサイズを選択できる形式になっています。

↓購入を進めると、配送先や発送方法の選択に進みます。

↓さらに進むと支払い方法の選択へ。PayPalやクレジットカード払いなどが指定できるのでオンライン決済をできます。

 

管理画面

↓商品一覧画面。一見、Wixストアと似ているようですが、無料プランのため在庫数量が表示されていません。

有料プランについては後述。

↓商品登録画面

↓在庫数量を設定して数量を自動追跡するためには有料プランに入れと言われます。

↓支払い方法の選択。PayPalやSquare、クレジットカード払いなどが利用できるので、オンライン決済をできます。

↓発送方法の選択

↓販売チャネルとして、各種SNSへのフィードを設定できる。ただしこちらも有料プラン向け機能。

 

価格

無料版だと商品が10個しか登録できない点に注意。これでは実質的に運営していけないでしょう。

最低でも「STARTER」月額900円が必要になりそうです。(1年分払えば値引きされて675円に)

それでも商品は50個までで不安な印象。十分な機能にするには「PROFESSIONAL」「UNLIMITED」を選択する必要がありますが、急に高くなるように感じます。

また、この値段はあくまでネットショップ(Ecwid)アプリの使用料であって、独自ドメイン接続などをするためには、前述のWix料金プランのプレミアムコースの利用料も別途にかかる点に注意が必要です。

 

ネットショップ(POWr)

デザイン・機能

購入画面

↓商品が縦長のカードのようなレイアウトで表示されます。

説明がデフォルトでは英語なこともあり、なんとなく分かりにくい印象。

 

管理画面

↓商品追加画面。英語表記だからということ以上に、純粋にレイアウトが他アプリに比べて直観的に分かりにくいです。

↓値段はさすがに日本円表記に設定できます。

↓支払い設定画面。PayPalやクレジットカード払いを選択できるのでオンライン決済はできます。が、複数選択は有料オプションです。

↓各種SNSとの連携機能はたくさんありますが、こちらも有料オプションです。

 

価格

月額816円の「Pro」でも商品を15個までしか登録できません。実際に運用するには月額1625円の「Business」が必要になってくるかもしれません。

また、こちらもアプリのみの利用料であり、独自ドメイン接続などをするためにはWix利用料のプレミアムコースの利用が別途必要になります。

 

まとめ

どのアプリも、全ての有料オプションまで含めれば機能の量は似たようなものになります。そうなると、料金と機能のコストパフォーマンス比較がポイントになってきます。

「ネットショップEcwid」「ネットショップPOWr」は無料版では商品登録可能数が著しく少なく、商用として利用したい場合は間違いなく有料版が必要になります。

そう考えると「Wixストア」は月額約1200円程度で全機能が使える上に、プレミアムコース選択時にフォームやギャラリーアプリなど、ショップアプリ以外でもプレミアムコース限定機能を利用できる点が非常に大きいです。

また、さすがにWix公式アプリということで「Wixストア」はWixの基本管理画面との親和性が高く、標準でメニューが日本語になっていることもあり、分かりやすさが顕著だと感じます。

以上のことを踏まえると、コストパフォーマンスとしても分かりやすさとしても「Wixストア」がかなりオススメです。

ちなみに、例えば「Wixストア」に用意されているような各種機能を全て独自にプログラミングして制作しようとすると、数百万から数千万かかることもあります。(サーバーの信頼性まで高めるとなるとそれ以上かも・・)

もう独自制作という時代ではないと思います。

そんなに高性能な機能をたった月額1200円程度で利用できるWixはやはりとてもありがたい存在ではないでしょうか?

この機能をこれ以下の値段で利用できる可能性があるとしたら「BASE」が気になるところなので、後程 BASE対Wixの比較を行ってみようと思います。

コメント