Wixミュージックの使い方 徹底解説

アプリ

無料で簡単にホームページを作成できるWixですが、今回はその中で簡単に楽曲をダウンロード販売できるアプリ「Wixミュージック」の使い方について解説していきます。

このアプリをオススメするポイントは

・無料で利用できる

・楽曲をいくらでも登録できる

・オンライン決済に対応

というところです。

 

それでは、詳しく解説していきます。

 

アプリの操作方法

動画で解説いたします。

Wixミュージックの使い方 徹底解説

アプリの追加から、楽曲の登録、デザインの調整、実際に購入するための決済方法の選択まで解説しています。

 

アプリの機能

アップロードできる楽曲ファイル形式

MP3,WAV,FLAC,ALAC形式に対応

 

販売に対する課金

ダウンロード販売の売り上げは100%還元。Wixへの課金はありません。

※PayPal、Stripeに対するオンライン決済の決済手数料は発生します。

 

配信レポートをチェック

再生、シェア、販売、ダウンロードの数をトラック・アルバム単位でグラフ表示します

 

宣伝メールを送信

リリース情報やライブ情報を配信できます。音楽プレイヤーの埋め込みも可能です。

 

楽曲の登録形式

アルバム

一般的なアルバム形式。30トラック登録できる。

 

シングル

一般的なシングル形式。5トラック登録できる。

 

プレイリスト

楽曲を個別にダウンロード配信するのに最適な形式。500トラック登録できる。

楽曲を完全にバラ売りする場合や、音源素材の配信などに利用するといいでしょう。

 

 

カバー画像に使用する推奨形式

Wixヘルプより、以下の形式を推奨されています。

・JPEG(.jpg)

・3000×3000ピクセル

・RGBカラーモードで最高画質

・各トラックの画像はアルバムカバー画像と同じサイズにすること

・主要配信サービスは四角い画像を使用するため、アルバムカバー画像やトラック画像は四角い画像を使用することをお勧めします。これは、業界基準となっています。

 

ダウンロード形式の詳細

有料ダウンロード

任意の金額を設定できます。

クレジットカード決済(Stripe)、オンライン決済(PayPal)などを利用できますが、あらかじめ決済方法を選択しておく必要があります。(動画参照)

 

無料ダウンロード

無料でダウンロードできます。

 

ダウンロード不可

宣伝用や試作発表用などに利用できます。

また、アルバムの一括購入させたいために、楽曲を個別にはダウンロードさせないためにも利用できます。

 

購入希望価格を入力

Youtubeなどでも利用されている「投げ銭」に似た機能。またはクラウドファンディングにも近い機能です。
最近利用され始めている課金手法で、ユーザーの意思に任せて寄付を募る方式です。
最低希望価格(無料も可能)を設定し、ユーザーはそれ以上の金額を入力・課金してダウンロードできます。
一般的に有料ダウンロードより収集料金は低くなる場合が多いですが、その分、拡散力は高くなる傾向にあります。

 

メール入力でダウンロード

メールアドレスを入力することで、楽曲ダウンロードURLをサイトから自動でメール送信され、ユーザーはそのURLから楽曲をダウンロードできます。
当該楽曲は実質無料で配信することになりますが、サイト管理者は取得したメールアドレスに対して、定期的にメールマガジンや新作宣伝などを配信することで、他の楽曲の購入を継続的に促せる効果があります。

 

バンド・ミュージシャンのホームページの作り方

バンド・アーティストのホームページは、どんな画面構成にすればいい?どんな機能を追加すればいい?ということについて、以下の記事にまとめています。

バンド・ミュージシャンのホームページの作り方

コメント