【Wix】バンド・ミュージシャンのホームページの作り方 無料~月額約2000円

ホームページの作り方

バンド、または自身のホームページを作ってみたいな、と思う方へオススメしたいホームページの作成方法をご紹介します。

まず、ここで紹介するのはホームページ作成ツールである「Wix」を使ったものですが、数あるホームページ作成ツールの中でも、Wixはそのデザイン性がとても高いことが特徴となっており、無料、または超低コストでオシャレでかっこいいWebサイトを作ることができ、アーティストの方にはオススメのツールとなっております。また、Wixには様々な機能をボタン一つで簡単に追加できるのですが、この機能というのがかなりたくさんあり、どれも使いやすくて便利です。是非、Wixでのホームページ作成を検討いただきたい。

 

そこで今回の記事では、Wixを使ってバンド・ミュージックアーティストの方のホームページの作り方と、無料でどこまでできるの?課金するとどんなことができるようになるの?ということを紹介していきます。

まずはWixを始めてみよう!

↓こちらの記事でWixの始め方を紹介しています。無料で簡単にできますので、まずはこちらを読んでWixでのサイト編集をスタートしてみましょう。

≪Wixの始め方≫

 

そして、基本的な操作について一通り把握しておきましょう。

Wixの基本操作 上部メニュー編

Wixの基本操作 左メニュー編

Wixの基本操作 サイトの全体構成編

どのテンプレートを選べばいい?

Wixでは、音楽・アーティスト関連のテンプレートだけでも(2018年12月現在で)59種類も用意してあります。

テンプレートによって、初期段階で自動インストールされるアプリが若干異なりますが、アプリはその後の編集で簡単に追加・削除できますので、あくまでデザインの好みだけ考えてテンプレートを選んでしまいましょう。極論を言えば、音楽・アーティスト関連以外のテンプレートで始めてしまっても、その後に画面やアプリを調整してしまえば全く問題ありません。

どんなページを作ればいい?画面設計編

バンドやアーティストのサイトの代表的な画面構成は以下の通りです。

 

HOME/NEWS(トップページとお知らせ)
MEDIA(テレビ・ラジオ・雑誌などへの出演情報)
LIVE(ライブスケジュールとチケット情報)
BIOGRAPHY/ABOUT ME(自己紹介)
DISCOGRAPHY/MUSIC(作品紹介と販売)
SHOP(関連グッズ紹介と販売)
CONTACT(問い合わせ)
BLOG(ブログ)

 

お好みでギャラリーページを作るのもいいですが、最近ではブログやSNSの方に多くの画像や動画を掲載するようになっていますので、ここでは取り上げませんでした。

 

画面の作り方まで動画で紹介いたします。

Wixでバンド・アーティストホームページの作り方 画面作成まで

どんな機能を追加すればいい?機能設計編

それぞれの画面にどんな機能を実装したらいいか、下の表にまとめました。

一番左が画面名で、その右にはその画面に追加すればよいパーツやアプリを記載。さらにその右に、そのパーツやアプリに備わっている機能と、それを利用するための料金プランを記載しています。

 

画面名 パーツ アプリ 機能詳細 料金
無料 eコマース \1866/月
HOME
MEDIA グリッド 行の追加・削除
LIVE Wixイベント 複数イベント管理
出欠確認メール送信
参加者の情報を収集
チケットの販売
印刷可能な電子チケット(PDF形式の電子チケットをメール送信)
クレジットカード決済やPayPalを利用できる
ゲストリストで参加者を管理
参加申し込み確認メールやリマインドメールを自動送信
招待メールをメーリングリストに一括送信
参加者が定員に達した場合にキャンセル待ちリストを作成
SNSでイベントをシェア
BIOGRAPHY テキスト 自己紹介や経歴などを掲載
DISCOGRAPHY Wix ミュージック 楽曲ダウンロード販売(MP3、WAV、FLAC、ALAC対応)
複数トラックの一括アップロード/編集
プレイヤーデザインカスタマイズ可能(歌詞やカバーアートも表示可能)
売上げ課金なし
販売レポートをチェック
宣伝メール送信
BLOG Wix ブログ カテゴリー
記事検索
SNS連携
ハッシュタグ
コメント自動通知
モバイルから記事投稿
SHOP Wix ストア 商品掲載数無制限
モバイル対応
ショッピングカート機能
商品在庫管理、受注管理、クーポン作成、配送料設定など一括管理
PayPal、Stripe決済による手数料はあるがWixへの手数料は無し
顧客情報管理
メルマガ、ニュースレター、クーポン配布、新商品・セール告知

かなりたくさんの機能がありますが、SHOP(グッズ販売)ページで使う「Wixストア」以外は無料でこれらの機能を全て使えるということがポイントです。特に、楽曲のダウンロード販売を無料でできるということは、バンド・アーティストホームページとしては最大のメリットになるのではないでしょうか。また、イベントチケット販売に使える「Wixイベント」では、様々な形式のチケットをオンライン決済で販売できるだけでなく、出欠確認やリマインドといった管理も簡単にしっかりできるというのが安心ポイント。無料で使えるけど決して「安っぽいサイト」ではなく、ビジネスとしての利用に耐えるほどの機能が備わっています。

 

CONTACT(お問合せ)ページで使う「Wix フォーム」というアプリは、アプリ単独でアップグレード料金が発生するため、別途まとめました。

画面名 パーツ アプリ 機能詳細 Wixフォームアプリ個別料金
無料 408円/月 1225円/月 2133円/月
CONTACT Wix フォーム 入力欄の数 10 無制限 無制限 無制限
ファイル投稿
受信件数 100件/月 1000件/月 5000件/月 無制限
画像やテキストを使ったフォームレイアウト
受信データをCSV/Excelでエクスポート
通知メール受信
Wix CRM(顧客管理機能)との連携
送信完了ページ編集

ファイル投稿というのは、サイト訪問者が問い合わせの際に画像などのファイルを添付できるという機能ですので、サイトで問題が起きたときに画面キャプチャつきで問い合わせてもらうといった使い方をするものです。これと、入力欄、受信件数が料金によって異なってくるのですが、かなり人気がでてくるまでは問い合わせが月間100件以上になることはあまりないと思いますので、最初は無料プランでも問題ないでしょう。

一応「Wixフォーム」の詳細な料金を↓に載せておきます。(2018/12/13時点のものであり、料金は為替変動により多少変化します)

 

 

パーツやアプリを追加する操作については、こちらの記事をを参考にしてください。

Wixの基本操作 左メニュー編

また、各アプリの設定や使い方は別の記事で詳しく解説していきます。

 

結局、無料でいいの?

一言で言うと「No」

ただし、さすがに一言では表しきれないので補足します。

無料プランではサイト上部にWix広告がついてしまう

以下が、無料プランで作った場合のサイトのトップページです。

サイト自体はオシャレでカッコイイのですが、その上部に「このホームページはWixで~」という広告がついてしまいます。これがカッコよくない。優れたデザイン性はWixの強みのはずなのに、これではもったいない。

 

無料プランでは独自ドメイン(独自のURL)を持てない

無料プランで作ったサイトのURLは以下のようになります。

https://[アカウント名].wixsite.com/[サイト名]

 

アカウント名を自分のバンドやアーティスト名にすれば独自のURLと言えなくもないのですが、その後ろに「wixsite.com」と続いてしまうことで、「wixsite.com」のサブドメインという扱いになってしまいます。ちょっと難しい技術的な話になってしまうのですが、この状態だとSEO(Googleなどで検索されやすさ)的に弱くなってしまうのでサイトとして致命的です。SEOに強くなるためには、

「[バンド名].com」のような独自のドメインを持つことが大事です。

 

無料プランではグッズ販売できない

これは上で記載したことのおさらいになります。「Wixストア」アプリはeコマースプランでないと利用できないため、グッズなどのオンライン販売ができません。ちなみに、Wixでは「Wixストア」以外にもネットショップアプリがいくつか用意されていますが、どれも同じくらいの料金が発生してしまいます。

 

無料プランでは帯域幅が狭い

ここが、バンド・アーティストサイト特有の問題点であり、大きなポイントです。

帯域幅というのはネットワークの太さのことで、一定時間内にどれだけ多くのデータ通信を行えるかということを表しており、ホームページの性能でこの指標が使われる場合は、「一度にどれだけたくさんのユーザーからのデータダウンロードに耐えられるか」ということを表します。

Wixのサイトは、無料プランでも数千件の同時アクセスに耐えられるほど頑丈にできていますが、バンド・アーティストサイトでは、楽曲のダウンロードによるデータ通信量がネックになります。もし数千人が同時にあなたのサイトで楽曲をダウンロードしたら、ダウンロードが遅くなる、もしくは通信エラーになってしまうかもしれません。

 

おすすめ料金プラン

以下がWixの料金プランで、「Wixミュージック」アプリをインストールした場合の特別料金になっています。

ここで、まず最初にオススメしたいのが「コンボプラン」です。

これで、サイト上部の広告を消すことができ、独自ドメイン(独自URL)も利用できるので、サイトのカッコよさとSEOについての問題をクリアします。

ただし、コンボプランでは帯域幅が2GBになっているので、大量の楽曲ダウンロードには不安があります。そのため、人気が出てきてアクセスが集中するようになってきたら、「無制限」プランに切り替えることも検討しましょう。

そしてさらに、グッズ販売まで行うようになった場合は、「eコマース」プランに切り替えていきましょう。プランの切り替えは、サイトを公開した後でいつでも簡単に行えるので、最初は料金の低いプランからスタートしても大丈夫です。

 

と、ここまで画面の作り方とオススメのアプリまでしか紹介してきませんでしたが、デザインのカスタマイズ方法やアプリの具体的な使い方については、別の記事で詳しく紹介していきますのでご期待ください。

 

実際にアプリを追加しよう!

追加・設定の仕方は以下の記事にてご紹介いたします。

Wixイベントの使い方

Wixミュージックの使い方

コメント